« 京都天龍寺に咲く、蓮!満開です!!そして、おもしろいおじさんに会いました!! | トップページ | 京都三室戸寺に、雨の中咲く蓮!! »

雨上がりの雫、雫、雫・・・・

Dsc08728_sh02

蜘蛛の巣に、トリの羽毛が引っかかってキラキラと輝いていました。

Dsc08347_sh04

                                                      

水滴の中の花って、一度撮ってみたかったので、初挑戦!

でも、ピント合わせの未熟さを身をもって感じました!

Dsc08847_sh02

これは、「スモークツリー」の花が散った後にできる、ふわふわした毛。

この毛が煙のように見えることから、この名前がついたとか!

キラキラ光って、とっても綺麗でした!!

|

« 京都天龍寺に咲く、蓮!満開です!!そして、おもしろいおじさんに会いました!! | トップページ | 京都三室戸寺に、雨の中咲く蓮!! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

かなもなさん、こんばんは!

ちょっぴり撮影の構図や目の付け所が変わってきましたね。

最近の写真を見る限りでは、癖が亡くなっているように感じます。

黄金比のバランスにもなっていて見ていて安心感がありますね。

流石です。

投稿: ken(森の時計と丘の風) | 2007年7月11日 (水) 22時28分

kenさん、こんばんは!

お褒めいただいて、恐縮です!

まだまだ、自分自身で、はっきりとした実感がなく、私の中では、とっても不安定です。(笑)
撮影していて、「前と変わったかなぁ」と思うことは、
「シャッターを押す回数」が減ったことです。
いいことか悪いことか、私には、全くわかりません。
「どうしてなのかなぁ」と自分で考えてみると、何か+αを考えてしまうからかもしれません。
でも+αって、そんなに見つけられないんです。
だから、どうしても押せなくなってきました。

これで、いいんでしょうか?

投稿: かなもな | 2007年7月11日 (水) 22時46分

かなもなさん、こんばんは!

これでいいと思いますよ。
無我夢中でシャッターを切る。
無我夢中は意識無くただシャッターを切ること。

その後に来るもの…
ファインダーの中でバランスを読み、風を見る。光を感じる時に自分の持つ感性と重なる瞬間を感じた時にシャッターを切る。
この時の写真を後で見直したときに、イメージと実際の差を比べてみる…
その差がなくなってきたと感じる時がきっと来ます。
数打ちゃ当るでは、感性は磨かれないと、僕はそう思っています。
ファインダー内で真剣勝負をする。
これって最高に楽しいですよ。
真剣勝負!写真もスポーツも同じですよ。

僕は、これでいいと思っています。

投稿: ken(森の時計と丘の風) | 2007年7月11日 (水) 22時57分

おぉ!かなもなさん、雫撮影デビューですか?(笑)
ピント合わせがなかなか難しかったでしょう
でも流石は、根気のありますね
良い仕上がりになってますよ~

「kenさん」のコメント、いつも勉強になってます。
そうですよね~、「数うちゃ当たる!」ではダメですよね
どうしてもその癖が抜けない今日この頃・・・ (^^;

まだまだ自分の作り上げたイメージと写真が上手くマッチせず、毎日モンモンとする日々が続いています
う~ん、かなもなさん、一緒に頑張りましょうね!

投稿: yuji | 2007年7月11日 (水) 23時20分

kenさん、早速のコメント、ありがとうございます!
kenさんご自身のブログの返事だけでも大変な中、申し訳ありません!!

でも、kenさんにそう言ってもらえると、とても安心します。
kenさんのおっしゃっていた「数打ちゃ当たる」にならないように、撮っていきたいと思います。

だいたい、私の場合、1枚撮るのにすごく時間がかかる方なので(特に最近は)
「それでいい」という一言で、とても安心しました!

いつも、いつも本当にありがとうございます!!

投稿: かなもな | 2007年7月11日 (水) 23時22分

yujiさん、こんばんは!

yujiさんの、「朝霧の世界」みたいに撮りたい所なんですが、なかなかうまくはいきません!
とりあえず、雫シリーズ(笑)は、ここからのスタートということで、記念にのせました。

でも、自分で見ていて、未熟丸出しで、とても恥ずかしいです。
(といってもおっさんが恥ずかしがってるの想像したら気味悪いですが・・・)(笑)

これからもよろしくお願いします!

投稿: かなもな | 2007年7月11日 (水) 23時29分

かなもなさん、yujiさん、こちらこそです。

時間との勝負をしないといけない時もありますが、普段の感性を磨いていれば、瞬間を逃さないようにもなりますよ。

人間の目はカメラと違って、とても優秀な二眼レフと優秀なレンズのセットです。
その上人間の目は連続で映像を見ています。写真は動きが止めて動きを感じさせることが必要です。だから写真は簡単なようで難しいのです。
言い換えれば、だからこそ写真は奥深く魅力あるものだと思います。
プラスαは光と影のバランスに僕は気をつけています。明暗をどう取り込むかが写真が生きるコツだと思っています。

投稿: ken(森の時計と丘の風) | 2007年7月11日 (水) 23時45分

かなもなさん、雫デビュー大成功!ですね
雫の中に赤い花?も。。。

撮り方が変わってきたでしょうか?
なんとなくいいなーって思って撮ってたところから、これ!って思うものを撮るようにかわってこられたのかなー

私も、写真は集中力、だと思ってます
人の目で見る、カメラの目で考える=仕上がりを予測する、、、

いいなって思ったらパッと撮る、から感じてとる・イメージして撮る、って変わってくるんだと思います
だんだんとイメージしたものとの差はすくなくなってきましたよ

そして、ケースバイケースで撮り方を変えれるようにもなってきます

なんて、写真談義に加わっちゃった、てへへ、、、

私はフィルムなので、現像上がりを見て、やった!って思えた時は最高です
かなもなさんも、出来上がりをみて、やった!って思えたら、次のステージへの切符が手に入ったのだと思ってみたら?

投稿: さくらねこ | 2007年7月12日 (木) 01時56分

キレイで、スゴイよ~!!さすが、プロちゅうのプロ~!!・・・・・・ハイそこまでー!

投稿: 1-6-22 | 2007年7月12日 (木) 15時59分

1-6-22さん、こんばんは!

いやぁ、あのおじさんは笑っちゃいましたよ~!
いろいろな人が世の中にはおられるものです!
でも、写真はすごく好きなんだということは伝わりました!

投稿: かなもな | 2007年7月12日 (木) 18時25分

はじめまして~~
先日は四季の予感に来ていただきありがとうございます。
キラキラと輝いた雫が綺麗ですね。
私も何度か撮りましたがいまいちでした。
こんな風に撮りたいなと思っています。

投稿: tanuki_oyaji | 2007年7月12日 (木) 21時07分

tanuki_oyaziさん、こんばんは!

ご訪問、ありがとうございます!

いろいろな人が、雫を撮っておられているので、何となく真似して撮ってみました(笑)
ピント合わせが難しいですねぇ~
まだまだ、私の手には負えません?!

もしよろしければ、また来てくださいね!
私もまた、寄せていただきたいと思います!!

投稿: かなもな | 2007年7月12日 (木) 21時57分

こんばんは(^^)
先日は blogにコメント ありがとうございました♪
下の蓮から ずずいいと見せていただきました(^^)
とても きれいに撮られてますね、おじさんには びっくりしましたが・・・
わたしも 時々 「姉ちゃん そんなんで写真とれるんか」って 言われます(^^;

雫もきれいですね、
映り込みを考えて撮ると楽しいですよね(^^)

また 時々 おじゃまさせていただきます♪

投稿: みのりん | 2007年7月12日 (木) 23時43分

みのりんさん、おはようございます!

早速のご訪問ありがとうございます!

雫って、何かはまりますよね~。
まわりの人が、「あ~あ、今日も雨かぁ~」
って言ってる中、「チャンス、チャンス!」
なんて、一人だけ喜んでますものね!(笑)

また、いつでも来て下さいね!
お待ちしております!!

投稿: かなもな | 2007年7月13日 (金) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039526/20929585

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの雫、雫、雫・・・・:

« 京都天龍寺に咲く、蓮!満開です!!そして、おもしろいおじさんに会いました!! | トップページ | 京都三室戸寺に、雨の中咲く蓮!! »