« 京都大文字、五山送り火!!合掌 | トップページ | 京都本隆寺にあったこんな便利な松!そして、百日紅!! »

京都、大覚寺に見事に咲いた百日紅!華麗です!!

Dsc00714_sh021

大覚寺に行ってきました。

ここは、もともと平安京を造った桓武天皇の次の天皇(嵯峨天皇)のおうちです。

Dsc00666_sh021

ある時、都に大きな災いが起きました。

嵯峨天皇 「おい、おい、空海を呼べ!!」

空海 「なんでしょう?!」

嵯峨天皇 「これ以上災いが起きないように、ここに五大明王をまつれ!」

空海 「はっ、はぁ~~」

Dsc00711_sh021

こうして、嵯峨天皇は、自分でも写経をしたそうです。

それ以来、ここは、写経の道場となり、現在に至っています。

Dsc00679_sh021

そして、その後、何人もの天皇が、ここから院政をしていたそうです。

そして、いつしか、「嵯峨御所」と呼ばれるようになりました。

Dsc00717_sh021

大覚寺の横にある「大沢池(おおさわのいけ)」

なんと!まだ、蓮が咲いていました!!

でも、遠くて撮れない~~。

左奥に見えているのが「大覚寺」

この池で、貴族が船遊びをしたといわれています。

優雅ですねぇ~~!!

|

« 京都大文字、五山送り火!!合掌 | トップページ | 京都本隆寺にあったこんな便利な松!そして、百日紅!! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

真っ青な空に真っ赤な百日紅の花・・・
きれいですねぇ♪

百日紅ってツルツルの樹の木ですよね。

小学校の校門の側にあったのは覚えてるんですが、花の覚えがなかったのは夏休みに咲くからでしょうか?(笑)

沢山の蓮の花も強い日差しのなかで、
鮮やかに見えますね!

投稿: かお | 2007年8月18日 (土) 16時55分

こんばんは。

青空に鮮やかな百日紅ですね!
つい先日、「王朝序曲」と言う小説を読んだばかりでした。
桓武天皇の時代の話でした。
京都の長い歴史、すぐに忘れるのですが、読むと面白いですね。

蓮の花が見事に池を埋め尽くしていますね。

かなもなさん、いつもありがとうございますm( _ _ )m

投稿: みぃこ | 2007年8月18日 (土) 20時24分

サルスベリ、浅学な私は読めませんでした^^;
しかし、すごいですね!
僕の住んでいるコーポ(?)の前にも
サルスベリが歩道の脇に植えられているのですが、
枝振りがこんな感じではなく、一本調子の寂しいものです。

それから、蓮ですが…。
こんなにいっぱいの蓮は見たことないです。
綺麗ですね~。いってみたいですよ。
近くにあればいいのにって思いました。

投稿: Laylack | 2007年8月18日 (土) 20時53分

かなもなさん、こんばんは!

百日紅が綺麗に咲き誇っていますね。
いい色合いが出ていますね。

空気も透明感があって素敵な写真です。

投稿: ken(森の時計と丘の風) | 2007年8月18日 (土) 21時41分

こちらの百日紅は、手入れがよいのでしょうか。
見事に咲き誇っていますね。青空にピンクが美しいです。
建物の屋根や障子などの切り取り方も素敵ですね。
このブログを拝見していると、京都!行きたくなります。(笑)

投稿: 小夏 | 2007年8月18日 (土) 22時20分

こんばんは 本当に仏様が間近にいらっしゃる
感じのする場所ですね。冬に一度訪問した記憶
があるのですが、寒くて固まっていました(笑)この時期は逆に 燃えちゃいませんでし
たか?
写経・・・もの凄く忍耐のいる行ですよね。。。

投稿: y0kihi | 2007年8月18日 (土) 22時24分

ぬぉ~~~
忙しくて見にこれなかった数日のうちにこんなにアップしているなんて・・・
まとめてでスイマセンがゆっくり見させてもらいましたよ~

送り火も間近で見てみたいです
なんせニュースでしか見たこと無いですから・・・
お寺と花のコラボも京都らしさまんてんです♪
やっぱり秋に行こうかなぁ~
かなもなさん、その時は是非、撮影の穴場スポットを色々教えてくださいね 

投稿: yuji | 2007年8月19日 (日) 00時03分

こんばんは(^^)
百日紅のピンクが青空に映えていますね。
京都の夏は めちゃ暑いのに、、、かなもなさんの写真みていると 涼しく見えます。
大沢池に こんなにたくさんの蓮が咲くんですね!こちらもピンクが鮮やか^^!

投稿: みのりん | 2007年8月19日 (日) 00時46分

かなもなさん。おはようございます^^。
大覚寺修学旅行で、昔々訪ねました。
解りやすい説明、納得です。

百日紅青空に映えてとっても素敵です。
蓮の花の華麗な姿が好きで、また拝見できて嬉しいです。
当時の貴族のお遊び優雅で、お洒落ですよね~☆

投稿: saori | 2007年8月19日 (日) 07時07分

かおさん、こんにちは!

百日紅、私の小学校にもありました!
校門入った横にあって、「おもしろい名前やなぁ」
って、思ってました。

花は確かに夏休み前には咲かないですよね。
かおさんの予想当たっているかも・・(笑)

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 16時32分

みぃこさん、こんにちは!

みぃこさん、難しそうな本読まれるんですねぇ~!
すごいなぁ~。
私は、本を読むのが苦手で・・(笑)
でも歴史は好きです。
あんまり、知らないですけど(笑)

京都の写真撮りだして、四ヶ月になりましたけど、その間に京都のこといっぱい知りまし
た。

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 16時40分

laylackさん、こんにちは!

百日紅、読めなくても大丈夫ですよ~!
ホントのこと言うと・・・
私も。1週間ほど前に知ったんです。(笑)

他に言うと、翡翠(かわせみ)。
私、これずっと、「ひすい」としか読まないと、思ってました。
これも2週間ほど前です(笑)

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 16時45分

kenさん、こんにちは!

いい色出てますかぁ~?!

これは、PLフィルターのお陰です。
青空がとっても濃くなりますね~~!!
ホント助かっています。
ありがとうございます!!

また、いろいろ教えてくださいね!!

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 16時47分

小夏さん、こんにちは!

そうですね、大覚寺の百日紅は、ここ数年で最高の花付きだそうです。

参拝客もほとんどおられず、ひっそりとした雰囲気の中で、思いっきり咲いてました。

ちょうど、中庭に咲いているんです。
とっても、ほっこりしました!

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 16時51分

y0kihiさん、こんにちは!

そうですか、冬に来られたんですかぁ~!
廊下の板張り、さぞ冷たかったことでしょうね!

建物の中は、結構涼しかったです。
1時間ほど、建物の中をうろうろしてたんですが、10人ぐらいしか会いませんでした。

暑いので、みんな家におられるのでしょうか?!

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 16時56分

yujiさん、こんにちは!

優秀作品賞、本当におめでとうございます!

いろいろな雑誌に投稿されているんですねぇ~!
私も頑張ろうと意欲が湧いてきました!
まだまだ、足元にも及びませんが(笑)

yujiさん、すごい勢いですね!

これからも頑張ってください!!

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 17時02分

みのりんさん、こんにちは!

そうですね~、外は暑かったんですが、大覚寺の中は、ひんやりしていい感じでした。

人もほとんどおられず、撮るのには、いいんですが、
百日紅が、ちょっとかわいそうな気がしました。

こんなに、見事に咲いてるのにねぇ~。

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 17時05分

saoriさん、こんにちは!

昔々、来られたんですか~?!
昔々って、何年前かな?(笑)

ちなみに私も、昔々に来ただけで、久し振りに行きました(笑)

大沢池のハスは、見事なんですが、岸から結構離れているので、撮影はかなり、やりにくいんです。
でも、他のどこより最後まで咲いているようです。

投稿: かなもな | 2007年8月19日 (日) 17時11分

こんばんは
百日紅の花がとても印象的でした
さすが大覚寺のものだけあって手入れが行き届いていますね
ここ2~3日ならまだ花は大丈夫でしょうか
青春18切符の使い場所が見えてきました

投稿: ペル | 2007年8月19日 (日) 23時39分

ぺるさん、おはようございます!

今年のここの百日紅は特別、花付きがよかったそうですよ!
まだ、大丈夫だと思います。

三脚の使用もできます。
光的には、午前中の方がいいと思います。
私は、9:00ちょうどに行きました。

人もまばらで、ゆっくり、撮影することができました。

投稿: かなもな | 2007年8月20日 (月) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039526/20929609

この記事へのトラックバック一覧です: 京都、大覚寺に見事に咲いた百日紅!華麗です!!:

« 京都大文字、五山送り火!!合掌 | トップページ | 京都本隆寺にあったこんな便利な松!そして、百日紅!! »